BLOG

ブログ

最終ジャッジを握っている経営者のみなさまは、何を基準に決断をしていますか?

大事な場面では多くの時間や判断労力をかけていることも多いかと思います。

今年の旅行はどこに行こうかな…行った先では何をしようかな…

こういった日常的な選択時間はどれくらいかかっていますでしょうか。

昔から成功者と呼ばれる人の決断時間は早いと言われています。

ゆっくり決めていたら、スピードに乗り遅れてしまうことも多く、

即断即決習慣のある経営者の方も多くいらっしゃるでしょう。

しかし大切なジャッジはすぐにしないといけないとわかっていながらも、

その決断を先延ばしにしていることがあります。

この決断しないという決断、ここにどんなことが待っているでしょうか?

ビジネスにおいても、人生においても、今という選択の連続で積み重なった時間を過ごしています。

私たちは無意識に多くの選択をしていることに気づいているでしょうか?

何も考えないように過ごしているようでも、些細なことや行動や思考を毎分毎秒選択しています。

何か大きな出来事だけが決断ではなく、私たちの日常はこの決断の連続という意識を持つと、いかに今この瞬間が大切かを認識出来ると思います。

私たちPLPでは、セッションでただただ事業承継について、何かアクションをお伝えするのではありません。

このプログラムで得られることは、その問題解決だけでなく、

さらに飛躍するための要素を徹底してお伝えすることを目的としています。

では、5つの重要な点をお伝えします。

①どんなことにも意図的で自分の責任であるということ

自分の意志で積極的に決断するという習慣性を身に付けます。もうそれは出来ている…と思っているでしょうが、洋服を選ぶ時も、食事のメニューを決める時も、自分が主体的になって選べているかどうか、いかがでしょうか?
これは筋トレと同じで、毎日の積み重ねでその決断力が高まります。

多くの人は間違った決断を恐れ、何も決めることが出来ていません。

社員の動きを見ている経営者の方なら、多くの経験があることと思います。

成功する人の特徴は、間違うことで一番リスクが少ないと信じています。つまり、積極的に自分の行動が失敗を生むことが怖いと感じません。一時的な怖さを恐れて決断をせず、このまま過ごしてしまうでしょう。

②自分の人生という優先順位で価値観で明確にする

自分の人生で何が最優先か、考えたことがありますか?

自分が何を望み、どうなりたい、どこに行きたいかを常に意識している

ことで、急な選択を迫られた際に決断ができるのです。

それが例え大きな決断であったとしても、自分の欲しいもの、なりたい姿であれば即決することができるでしょう。

これが真の決断力と言えます。

③決められない時は、決めるのではなく、納得できるまで待つ

経営者の人生はこの決断だらけの人生と言えます。次々に決断をしなければならない場面が待っています。

決断にはスピードが最重要という訳ではありません。人間ですから、

迷いもためらいもあるので、その時の状態によっては決断を出来ない状態になることもあるでしょう。

時にして、その焦りになったりする決断をしないことで、功となる場合もあります。

そんな時は、自分の納得や腑に落ちるところまで待つ決断をするといいでしょう。

④決断に失敗はない

多くの人は決断は怖いと思い、先延ばしにします。

失敗=悪いことと、私たちはそういった教育を受けてきたので、当然です。

しかし、長い人生において、失敗か成功の決断も大差ないことであった経験はないでしょうか?

例えば〇〇大学と△△大学の合格をもらえた際に、決断を迫られたとして、

卒業して10年も経てば、どちらでも良かったと思うことがあるでしょう。

どちらにしても良いことも悪いこともあります。それは自分がどう捉えるかによって、変わってきます。

そこに気付けると、決断せず、「何もやらない」という選択が一番マイナスになっているということを理解できるでしょう。

⑤一度決めたら絶対的な行動をとる

「やると決めたらやる」この決断を信じてやりきるということを貫くことです。

迷いを消し、堂々と歩むことができたら、自然と成功への道を進めるでしょう。

現代社会はスキルや経歴だけでは成功しない時代です。決断力と行動力の全てを理解できていることで、失敗にも堂々と挑めるでしょう。

失敗にはリスクがあり、それを無意識で避けてしまうのは、小さな頃から失敗して笑われたり、怒られたり、嫌な目にあってしまった経験から、間違うことへ恐怖心を当たり前に持っています。

でも、人生において、ビジネスにおいて、間違うこと・失敗することで多くのことを学びます。

失敗なしには何もうまくやれることはありません。

どんな場面でもセールスで断られることも多くあります。

しかし、この経験を多く積むことが後の伸び代につながっているでしょう。

この失敗を乗り越えていける行動こそが、成功者として強くします。

どんな失敗も受け入れて、それを飛躍させていきましょう。

〜PLPプロデューサー JUN〜

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA